サイズと使いこなし

皆さん、ふろしきは正方形だと思われていませんか?

実はふろしきには上下(ミシン目)左右(耳)があり、約3~5cm程上下の丈が長く作られているのです。これは、ふろしきを結ぶ際、斜め方向に引き合う力が生まれ、しっかり結ぶ事が出来るからです。今では、ふろしきも包む以外にもさまざまな用途に使われるようになり、正方形のふろしきも登場しています。

ふろしきのサイズは、幅(約34cm)という長さの単位を基本として、二幅、三幅と大きさを表します。また、サイズを選ぶヒントとして、ふろしきは広げた時の対角線の1/3の物を綺麗に包む事が出来ると言われています。

ここでは、サイズ毎にその用途をご紹介致しましょう。

中幅(約45cm)

正絹ちりめん  袱紗(ふくさ)として金封包み、小物包みに。

化繊ちりめん  チョコレートなど小さな贈り物のラッピング、バッグの中カバーに。

尺三幅(約50cm)

綿素材が中心です。
お弁当やペットボトル包み、ティッシュボックス包み、小さな贈り物のラッピング、
バッグ内の小分け収納、ウェストポーチなど。

二幅(約68cm)

最も一般的なサイズ

  • 正絹  ご挨拶にお伺いする時の菓子折り包みや贈答品包み、スカーフに。
  • 化繊  ギフトラッピング、ワインのフルボトル1本包み、バッグ、旅行の下着類等

二尺幅(約75cm)

二幅よりひとまわり大きなサイズですが、用途は二幅と同じです。

二四幅(約90cm)

バッグ、ストール、一升瓶1本やワインボトル2本包み、テーブルセンター、旅行の洋服類等

三幅(約105cm)

バッグやテーブルクロスなどのインテリアに。また衣類を包んだり、大きな荷物の運搬に。
お結納など祝い事の外包みに。

四幅(約128cm)

お着物を畳紙ごとや座布団2枚が包めるサイズ。収納やインテリア、ソファーカバーに。

五幅(約180cm)

座布団5枚が包めるサイズ。額など大きな荷物の収納・運搬、こたつの上掛け、タペストリーに。

六幅(約205cm)

布団1組が包めるサイズ。敷物(畳2畳分)やベッドカバーに。

七幅(約238cm)

最も大きなサイズ 。布団類の収納、引越の時の荷物の運搬など。

以上は、サイズ別使いこなし術のほんの一例です。

初めてのふろしきであれば、一尺三寸幅(50cm)、二幅(68cm)か二尺幅(75cm)、二四幅(90cm)か三幅(105cm)がお使いやすいでしょう。

TPOに合わせて、使われるご自身に、また贈り物に、イメージしながらお選び下さい。

 
戻る
index
進む