色と選び方

ふろしきをお選びになる際に考慮されるのが、ご用途やご予算です。 さらに贈り物であれば、年代、お好み、お祝なのか御礼なのか。ご自分へのご褒美もありますね。贈る方のお気持ち、贈られる方のお好みなどを考慮して、選ぶのも楽しいものです。今回は、ふろしきの「色」についてご紹介します。

時代・季節によって流行色はありますが、色には正に色々な意味もあります。ふろしきの色は、大まかに紫系・赤系・青系・緑系の4つに分けられます。では、それぞれどのような意味を持ち、どのような場合に選べば良いのでしょう。

紫系のふろしき

紫色は、昔は貴族や皇族・高僧など、高貴な方々に許された色です。 優雅なイメージで、気品があり、長寿を表す色とされています。喜び事、お祝い事や御礼の心を伝えるなど慶事のみではなく、お葬式などあらゆる場面で使う事が出来ます。

青系のふろしき

空の青、水の青、藍や紺など、さまざまな青色は、とても身近な色です。青系のふろしきは、普段使いの他、紺(鉄色)はお葬式などの仏事にも使えます。

赤系のふろしき

赤やピンクなどの暖かい色は、ご結納・ご婚礼等の慶事に相応しい色です。 華やかで明るいイメージで包んで、相手に喜びの気持ち・おめでとう!を伝えましょう。

緑系のふろしき

緑色のふろしきも、慶事だけではなく、お葬式・法事などの席に適しています。 うぐいす色や利休色とも呼ばれ、和のイメージが強いうす緑色は、江戸時代の流行色でもあったそうです。

紫系・赤系・青系・緑系と分けられても、またそれぞれの色に微妙な色合いの違いもあります。たくさんの色の中から、お気に入りの色を見つけて下さい。 年祝いを迎えられた方へのお祝いに相応しい色をご紹介しましょう。

年齢 年祝い 相応しい色
60歳 還暦
70歳 古希
77歳 喜寿
80歳 傘寿 金茶
88歳 米寿 金茶
90歳 卒寿
99歳 白寿
100歳 百寿

お祝い事やお葬式などで ふろしきや袱紗を使う場合は、色の違いにも注意して、その場にふさわしいものを選ぶ事が大切です。  サイズ同様、TPOに合わせて色を選ぶ・・・これも大人としてのマナーでしょう。

 
戻る
index
進む