蒔絵クロス かきつばた

FUROSHIKI053

蒔絵とは 桃山時代に荘厳な工芸品として脚光を浴び 元禄時代にかけて成熟されたと言われる
日本の漆器蒔絵工芸です。 その国宝 重文級の作品を現代の染色技法で再現。

琳派を代表する「かきつばた」が蒔絵クロスとなりました。 豪華ですね。
壁飾りや玄関の装飾として格調高いインテリアクロスはもとより
テーブルクロスなど身近な日常品としてお使いになるのも素敵。
海外の方へのギフトとしても好評です。

118cm 綿 100% 専用箱入りです。

4,104円(税304円)

包装
お名入れ
  • お名入れ文字 日本語3文字 英字8文字まで それ以上はお問合せください
購入数

蒔絵とは 桃山時代に荘厳な工芸品として脚光を浴び 元禄時代にかけて成熟されたと言われる
日本の漆器蒔絵工芸です。 その国宝 重文級の作品を現代の染色技法で再現。

琳派を代表する「かきつばた」が蒔絵クロスとなりました。 豪華ですね。
壁飾りや玄関の装飾として格調高いインテリアクロスはもとより
テーブルクロスなど身近な日常品としてお使いになるのも素敵。
海外の方へのギフトとしても好評です。

118cm 綿 100% 専用箱入りです。