ふろしきの話
Story of Furoshiki

風呂敷ってなぁに?

What's a Furoshiki

A Furoshiki is a square cloth made from various fabrics, such as cotton or silk.It is used as a wrap made for carrying objects and its history can be charted back to ancient times.There are various colors, designs and materials on a Furoshiki.

It’s easy to treat, wrap, and tie.It's that simple.The design of a Furoshiki has various meanings.We Japanese enjoy the four seasons and respect the traditional ways. When you give a special gift to those closest to you, don't you want to give it in such a way that shows just how much they mean to you?Use a Furoshiki to wrap the gift with your feelings and then hand it to your loved ones.  Isn’t that nice?

Recognition of the goodness of the Furoshiki has been realized now, and the new materials and designs coming out reflect that.Casual, formal, it is also an eco-friendly way to use and/or give a gift.The Furoshiki is a tradition of Japanese culture that is still evolving to this day.Why not enjoy a Furoshiki as a memory of Japan?

Simple, elegant, pretty cool ...the Furoshiki.

名の由来と江戸時代

風呂で生まれた風呂敷

室町時代に大名たちは当時の風呂(蒸し風呂)に入る際、脱いだ着物を家紋付の布で包んでまとめ、入浴後は布の上で身支度をしたことからと伝えられています。家紋を付けたというのは自分のものであるという印でした。 その後、江戸時代の初め、銭湯ができるとそこへ向かう庶民達が入浴グッズを包んで持って行くようになり、武家社会から一般社会へとふろしきが広まりました。

究極のリサイクル社会の江戸時代

最近、「江戸しぐさ」など江戸文化がブームになり、現代の日本人が忘れていたこころを思い出すきっかけとなりました。他にも江戸時代には学ぶべきことがあります。400年もの長い平和な時代、江戸時代はもう既に3R(リデュース、リユース、リサイクル)が行われており、究極のリサイクル社会でした。 こういった背景が、ワンガリ・マータイさんが提唱した「もったいない」のシンボル的な存在にふろしきが位置づけられた所以ではないでしょうか。

日本最古のエコバック

ふろしきは特に商売にとって欠かせないものになります。荷物を運ぶためだけでなく、商人たちは、こぞって、屋号や商標などを入れたふろしきをつくり、広告宣伝のツールのひとつになります。商品を包む、ふろしきは日本最古のエコバッグだったのです。

ふろしきの文様

風呂敷に表される吉祥文様

江戸時代になると、それまでの風呂敷の文様の代表である植物をモチーフとするものが、新しい展開を見せます。植物文様は季節感だけでなく、「おめでたいこと」を表すようになります。その典型が吉祥文様です。「吉祥」とは、幸い、おめでたいという意味を持っており、吉祥文様はそれらを柄で表現したものです。武家や商家では、吉祥文様の風呂敷に家紋を入れて染め、ふとんや衣類などの道具を包んだり、嫁入り道具として持参したといわれます。

現代における吉祥文様の役割

幸せを願い、おめでたいことを大切にする気持ちは現代においても変わることはありません。そのため、正月飾りや婚礼衣装に限らず、おめでたいとされるものや形、色はそれにふさわしいものが選ばれ、使用されます。風呂敷が元来、中にあるものを保護するという実用的な役割を超えて、大事な贈り物を包むものとして使用されるとき、やはり吉祥文様はふさわしい文様といえます。

本来の唐草文様の意味合い

「泥棒風呂敷」のイメージが強い唐草文様ですが、実は代表的な吉祥文様。唐草は四方八方にのびていくため、延命長寿や繁栄を表す、非常におめでたい柄です。唐草文様は、古代エジプトで生まれ、シルクロードを経て日本に伝来しました。中近東ではモスクなど神聖な建造物にも使われています。日本では、唐草文様の風呂敷が明治から昭和にかけて大量生産され、どの家庭にも必ず一枚あるものでした。そのため、忍び込んだ泥棒が盗んだものを運ぶのに利用したことから、残念ながら泥棒のイメージがついてしまいました。

素材とお手入れ

素材のいろいろ

絹は上品で優雅な光沢があり、感触がしなやかです。冠婚葬祭や贈り物を持参する時などによく使われます。絹のふろしきを一枚持っていると、フォーマルな場面で重宝します。 木綿は丈夫で扱いやすく、大きいものや重いものをしっかり包むのにぴったりです。 化学繊維は、レーヨン・ポリエステル・ナイロンなどがあります。レーヨンは昔は人造絹糸と呼ばれ、絹のような光沢がある素材です。染料の色づきが良く、柄や風合いによって、改まった場面でも日常でも使えます。ポリエステルは水をほとんど吸収しないため、濡れても縮まず、扱いやすい素材です。ナイロンは強度が高く、丈夫で軽いのが特長です。

ちりめんとは?

ふろしきによく使われる「ちりめん」とは、表面に細かい凸凹「しぼ」のある絹織物のことです。伸び縮みするので、ものを美しく包むことができます。しわになりにくく手触りも良いといった特長があります。 現在は、レーヨンやポリエステルなどの化学繊維でもちりめんのふろしきがあります。絹やレーヨン素材のちりめんは水に弱いので、雨や汗などには注意してください。また、冷えたものは水滴がつくので包むのは避けましょう。ポリエステルのちりめんは水洗いすることができます。

ふろしきのお手入れ方法

  • 絹、レーヨンは、水に濡れると極端に強度が落ち、風合いも変化しますので水洗いはできません。必ずドライクリーングに出します。
  • 木綿は水洗いができます。乾いたら、裏側からスチームアイロンをかけます。
  • ポリエルテル・ナイロンなどの化学繊維も洗濯機で洗えます。陰干しをして乾いたら、裏側からあて布をし、低温から中温でアイロンをかけます。
  • 保管する時は、クリーニングの袋に入れたままにはせず、取り出してからしまいます。虫除けのために、ポプリや炭、防虫剤と一緒に保管すると安心です。
  • 素材だけでなく、織り方や加工方法によってもお手入れ方法は異なります。お洗濯の際には、ふろしきの取り扱い表示を必ず確認しましょう。
  • 店舗のご案内
  • ショップブログ

神楽坂店舗
ネットショップの営業のご案内

2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
営業時間
平日11時〜19時/土日祝11時〜18時
※赤字は休業日

@yamatonadeshiko.tokyo