宝船

FUROSHIKI110

宝船とは、様々な宝物をのせた船に、七福神が乗った大変縁起の良い船です。
室町時代の頃から、新年二日目の夜に、宝船の絵を枕の下に置き、
「なかきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな」
(長き夜の唐(とを)の眠りの皆目覚め浪乗り船の音のよき哉)
と三度読んで寝ると、良い初夢が見られると言われています。
富貴繁栄のお守りとしての意味もあり 様々なお祝い事に適した柄でもあります。
お祝いの御品はもちろん 一升瓶などを包んで贈り物にしても喜ばれます。

105cm 綿 100%

2,700円(税200円)

包装
お名入れ
  • お名入れ文字 日本語3文字 英字8文字まで それ以上はお問合せください
購入数

宝船とは、様々な宝物をのせた船に、七福神が乗った大変縁起の良い船です。
室町時代の頃から、新年二日目の夜に、宝船の絵を枕の下に置き、
「なかきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな」
(長き夜の唐(とを)の眠りの皆目覚め浪乗り船の音のよき哉)
と三度読んで寝ると、良い初夢が見られると言われています。
富貴繁栄のお守りとしての意味もあり 様々なお祝い事に適した柄でもあります。
お祝いの御品はもちろん 一升瓶などを包んで贈り物にしても喜ばれます。

105cm 綿 100%