ひな桜 ピンク

HINAMATURI16-2

桃の節句は女の子のお祭り。 
雛飾りは立春(2月4日)頃から 遅くても2月24日までに飾りつけるのが一般的とされています。
雛人形は子どもの身代わりとなり、事故や病気から守り 子どもの健やかで幸せな成長を祝うために飾ります。
節句が終わるとすぐに片付ける風習は 雛人形が子どもの災厄を身代わりとなって守ってくれているため
長い間身近においておかないで早くしまわなければ縁起が悪いとされているためです。
また 「雛人形の片づけが遅れるとお嫁に行くのが遅くなる」という話はいつまでも雛人形を飾っておくと
梅雨も近づき カビの心配もあることから 「片付けも満足に出来ないようでは良いお嫁さんになれない」という戒めのためとも言われています。
最近の住宅事情では 大きな段飾りは敬遠されがちですが このふろしき一枚であれば
飾るのも仕舞うのも 簡単! ピンク色が優しい ふろしきです。
お嬢様・お孫様の誕生祝いやご留学・ご出張のお土産として人気の御品です。

68cm レーヨン 100%

1,980円(税180円)

包装
お名入れ
  • お名入れ文字 日本語3文字 英字8文字まで それ以上はお問合せください

カテゴリーから探す